マスコミ紹介&仕事例 - ガラス工房・工芸 - 東京中野:なかむら硝子工房

03-3229-7129(9:30~18:30)土曜定休日

HOME > マスコミ紹介&仕事例

履けるガラスの靴が新聞・テレビなどで紹介されて

2016年01月01日 [記事URL]

asahi-shinbun-p.jpg
(朝日新聞2015年12月25日夕刊一面で)

10年近く試作を繰り返し、まだまだ進化を続けている
本当に履けるガラスの靴~エマ~。。。

数個作って、美しいものを1つお届けする・・・というスタイルは
変わらず、作っては改善の繰り返しです。

その制作を後押ししてくださるのは、やはり
「最高のプロポーズになりました!!!」
「彼女が感動してくれて泣きまくってました!!!」
などの声をいただくことです。

お電話でご感想をいただくことも多いのですが、
「彼女があんなに喜んでくれるなんて!
本当に驚きました!」

というお声を多くいただきます。

本当にありがたいことです!

全国のしあわせなカップルが、さらにしあわせになっていただく使命を持って
今年も制作に励んでまいります!

みなさま、ありがとうございます!



ドンスーモのトロフィー完成

2015年03月26日 [記事URL]

CMなどでもおなじみの、
ドンスーモバージョンのトロフィーが
完成いたしました。
リクルート住まいカンパニードンスーモのガラストロフィー

すばらしいお仕事をされた方へ
このような素敵な、そして記念になるガラスの
オリジナルトロフィーが贈られるそうです。

かなりおもおもしい、光学クリスタルガラスの土台に、
吹きガラスの技術を駆使した、
細かい表情、帽子や葉巻まで、ガラスで表現しています。

表彰される方のお名前などは、
表面にサンドブラスト(砂を吹きかけてガラスを彫刻していく技法)
にて、彫刻しました。

ガラスのトロフィーは、永年置いておいても
洗うことができますし、
何といってもガラスという素材は、いつまでもキラキラきれいです。

トロフィーといえば、何年でもとっておきたいものなので
ガラスの場合は非常に重宝します。

洗うときは、滑らないように注意しながら、
普通の食器洗い洗剤でやさしく洗い、
水分を拭き取って乾かすだけですので、簡単です。

どんなガラス製品でも同じですが、
洗うと「ピカッ」と輝きを取り戻しますので、
お試しくださいね!



NHK【美の壺】File136 「ガラスのランプ」

2015年02月19日 [記事URL]

美の壺ガラスのランプ

NHK【美の壺】File136 「ガラスのランプ」特集のために制作した
アンティークガラスのランプシェードです。

被せガラスをつかい、層になったが色ガラスのランプシェードを制作し
その後、切子でカットをほどこし、
このような見事な品物に仕上がりました。

きせガラスアンティークガラスのシェード明治の終わり

被せガラスの制作 ↑↑↑

このようにして、さまざまな色のガラスを、1つ1つ層にしていきます。

「ランプにガラスを用いた豊かな飾り付けがされるようになったのは、19世紀末のヨーロッパですが、やがてそれは部屋を明るくするだけでなく、光によって空間を彩る道具として発達していったのです。」
http://www.nhk.or.jp/tsubo/program/file136.html
美の壺から抜粋


ガラスの技術は、海外も含め、かなり昔から研究され
受け継がれてきましたが、
現代でも、その手法はほとんど変わりがありません。

今後もそう変わらないと思います。
3Dプリンターなどの普及で、なくなってしまう手仕事もあると思いますが、
ガラスは高温での作業を必要としますので、
なかなか機械のみに任せることはできないのではないでしょうか。

今後もガラスのモノづくりには、
職人は重要な役割をになっていくことになると思います。



サントリー角ハイボールCM用ガラスの氷

2015年01月23日 [記事URL]

サントリー角ハイボールCM用ガラスの氷

吹きガラス工房のガラスを焼き戻す炉の前で
ガラスの氷を撮影してみました。

サントリー角ハイボールのCM用に制作した
大きめのガラスの氷です。
(菅野美穂さん出演)

ロック、というタイプのお酒に使用される
アイスピックで砕いた感じの氷です。

氷は溶けますが、ガラスなので溶けません。
長時間におよぶ撮影などの場合
氷を変えることなく、継続使用できます。

つくづくガラスという素材は面白いですね。
作るときは、熱いのに、出来上がったものは
とてもクールです。

その二面性がたまりません!



suumoのトロフィー制作

2015年01月21日 [記事URL]

リクルートさんのスーモトロフィー

CMなどでおなじみのリクルートのスーモ
スーモのお相手&赤ちゃんを
ガラストロフィーとして制作させていただきました。

スーモのふわふわは、銀雲母で表現してみました。

目や手足の細かなところは、
ケーンドローイングという、ガラスの本体に、
細い色ガラスの棒で、絵を描いていく(溶かしつけていく)
という工程で制作しています。
とても繊細な作業です。

土台はクリスタルのどっしりとした
透明感が高く美しい素材です。

表彰された方のお名前や部署などを
正面に彫刻してあります(サンドブラスト加工)

スーモファミリーは、見た目は軽やかですが、
どっしりとした重量感のある本格的なトロフィーです。



デスラーのグラス、難しいです。

2015年01月13日 [記事URL]

デスラー総統のグラス

イベント用に、
デスラー総統のワイングラス
を制作しました。
(正規版権元からのご依頼)

イベントで使用とのことでした。

このツノツノがなかなかシャープにできず
試行錯誤しました。

二次元を三次元にするのは、
思うより、出来栄えの違いがでてしまい
なかなかチャレンジのお仕事でした。

ファンにとっては、このグラスでの一杯のひと時が
至福の時なのではないかと、想像しています。

毎日使うグラス・コップは、案外適当に選びがちですが
つかう頻度が高いので、
「それを見ただけで、やすらぐ」とか
「これを使うと幸せを感じる」とか
「今度はこのグラスで何を飲もうかな」など

ちょっとでもご自身の気分をアップさせてくれる品物を
選ぶことをオススメしたいです。




カップヌーボー(ボジョレーヌーボー)

2014年12月30日 [記事URL]

資料整理中に、こんな画像が出てきました。。。

カップヌードルの、あのパッケージって、
いろいろな素材や方法と、コラボしているんですね!
今回はガラス(グラス)で、ということで
カップヌーボーワイングラス
苦労したのは、ロゴではなく、ロゴの上下のシマシマでした。。。
微妙に上が広がっているので、
そこを平行に調整しながら彫刻していくのでした。

出来上がった日清のカップヌードルをもじった
カップヌーボーのワイングラスあんど
ちゃんとラベルがカップヌーボーになっているワインボトル
ともに、カップヌードルミュージアムに飾られました。
カップヌードルミュージアム

このグラスに赤ワイン、入れてみればよかった~~~~!
反省です。。。




ディズニーチャンネルに「ガラスしょくにん」として

2014年12月24日 [記事URL]

ディズニーチャンネルに「ガラスしょくにん」で、
出演
しました!
コーナー名「スゴーイわざーズ」

ディズニーチャンネルに出演

「あっと驚くようなスゴーイ技を持った人やスゴーイ事を紹介!
見たことのないような"スゴーイわざーズ"はびっくりの連続!」

ということで、当工房の腕ききガラス職人・中村昌央が、
ちょっとおちゃめなコメントを言いながら
ガラスづくりを紹介しています。

スカパー・JCOM・ケーブルテレビなどございましたら、
みてみていただけると、とてもうれしいです!

■放送日
【ディズニーチャンネル】
・本編  12月2日(火)11:00~
・再放送 12月4日(木)11:00~
・再放送 12月16日(火)11:00~

【ディズニージュニアチャンネル】
・本編  12月13日(土)14:00~
・再放送 12月28日(日)11:00~

いや~~~~、番組作りって、本当に大変なお仕事ですね~~~!!!
よい番組を作ろうと、さまざまな工夫や労力を惜しまないで
制作されている姿は、それこそ、スゴイですね!!!



桐谷美玲さんがガラスの抹茶茶碗を!

2014年10月30日 [記事URL]

あ~なんとありがたいことです。
昨日初めてCMを発見しました。

アサヒ飲料CM「オテマエドパリ抹茶」

とっても美しい桐谷美玲さん
当工房製作のガラスの抹茶茶碗を手にしているでは
ありませんか!

お顔が出せないのが残念です。

fauchon-tyawan.JPG
全体的に背景が黒なので、

続きを読む

クリアに泡の線巻きの入った
シンプルなガラスのお茶碗が、
非常にひきたっていると思います。

もちろん、お抹茶の鮮やかなグリーンもとても印象的で
きれいなCMですよね(^-^)

ちなみに当工房のガラスのお茶碗は、
火の中、高温状態で製作した後、

一晩かけて、ゆ~っくりと冷ましますので
いきなり熱湯を入れてもわれません。


冷ますカマというのがあり、その中で
ちんちんに熱かったガラスを、徐々にさまして、
手でさわれるくらいまでにします。

この「ゆっくりさます」というところがミソなのです。

ガラスは急にさめたり、急に熱したりすると

素材の一部が膨張したり、収縮したりして、
そのひずみで割れてしまいます。


ですので、全体が均一の温度になりつつ、
冷まさねばならないので、
ひずみがないガラスをつくるには、
時間がかかるのです。


その手間が、割れにくいガラスをつくるためには
必要なのです。


ガラスの抹茶茶碗にご興味のある方は、
当工房のガラスの抹茶茶碗のページをご覧ください。



平成26年度、第15回のベストスイマー賞・イルカトロフィー

2014年06月19日 [記事URL]

ベストスイマー賞のイルカトロフィー

一般社団法人 日本スイミングクラブ協会さま主催
平成26年度、第15回のベストスイマー賞が表彰されました。

今年のベストスイマーは、

佐藤軒様(東邦スイミングスタジオ)
杉本春美様(OKスイミングスクール)
京本政樹様(俳優・タレント・シンガーソングライター)
中村アン様(モデル・タレント)
持田香織様 (Every Little Thing ボーカリスト)
千住真理子様 (ヴァイオリニスト)
さかなクン(東京海洋大学客員准教授)

当工房は、イルカトロフィーを作成させていただきました。

さまざまなジャンルでご活躍されている方々のところへ行く
イルカトロフィーは、常に入魂!で制作させていただいております。

シンプルながら、かなりの重量もあるので、
制作する際にも、パワーが必要となります。

ガラスの塊なので、飾っていただいたときに、存在感・透明感があふれるお品物です。




 1  2  3  4 



PageTop

side-top.jpg
ショップカテゴリー
カテゴリー
新着記事
メニュー
会社概要

なかむら硝子工房株式会社
所在地:〒164-0012
東京都中野区本町5-24-10
電話番号:03-3229-7129
営業日時:平日・日・祝
9:30~18:30
定休日:土曜日

emi.jpg
店長です(^-^*)
ガラス制作もしています。お電話でのご注文もOKです!
お電話
03-3229-7129

カレンダー


:定休日
:窯メンテナンス&休業日
休業日の商品発送・メール連絡はお休みさせていただいております。翌営業日に行います。 サイトよりのご注文・お問い合わせは、24時間年中無休で受け付けております。